ワークワークとかち | 十勝・帯広へのUターン、移住、就職情報 > 十勝企業を探す > 帯広市 > 大昭電気工業 株式会社

十勝企業PICK UP

大昭電気工業 株式会社

大昭電気工業 株式会社

暮らしを支える電気の力 そこに込められた技術者の思い

電気は、私たちの生活になくてはならない存在だ。夜を照らしてくれる光として、時にはテレビや冷蔵庫、パソコンを動かしてくれるエネルギーとして、私たちの生活に密接に関係している。もはや電気のない生活など考えられないだろう。では普段何気なく使っている電気が、どうやって私たちのもとに届いているのか、考えたことはあるだろうか? コンセントやスイッチの向こう側には、私たちの目には見えない緻密な世界が広がっている。電気の流れるその道筋一つひとつに技術者たちの思いが込められているのだ。

大昭電気工業が創業したのは1973年のこと。出村行ゆきのり敬社長と友人の大平三郎さんが2人で立ち上げたのが始まりだった。昭和の時代に大きく発展するという願いを込めて名づけられた大昭電気工業。今年で創業42年を迎え、今日も電気設備工事会社として私たちのもとに電気が届くよう道筋を作ってくれている。ビルや太陽光発電の設計、施工からコンセントの増設工事、照明器具の交換など、仕事の内容は多岐に渡る。スケールの大きな現場から一般家庭の規模のものまで幅広く扱っている。「電気屋は一番いい仕事だ。ひとつとして同じ現場はない。だからこそ、いろんな人と出会えるし、いつも発見の連続だ。こんなに面白いことはない」と出村社長は楽しげに語る。ひとつの建築物には、多くの業者が携わる。現場に集う誰もがその道に通じるプロフェッショナルなのだ。一人ひとりが自分の技術、知識に誇りを持って仕事に携わっている。そんな技術者たちの聖域がここにはある。職人たちと連携し、ひとつのものを作り上げるのは大変な仕事だが、その分、出来上がった時の喜びは大きい。中でも照明が灯るかどうかの点灯チェックは、いつも感動と安堵が胸に押し寄せるという。電気が灯る瞬間は、建物に命が吹き込まれる瞬間だ。光が通って初めて建物は完成するのだ。

出村行敬社長は中学校を卒業後、帯広市の電気工事会社に就職。7年間勤めた後に友人と共に大昭電気工業を立ち上げた。「人の繋がりに支えられてここまできた。過去の繋がりが、今も生きている」と出村社長は語る。「人との繋がりはかけがえのない財産だ。筋を通していればみんなが応援してくれる。今の若い人たちには仕事を通して、人脈と信用をつくっていってほしいですね」。

出村行敬社長は中学校を卒業後、帯広市の電気工事会社に就職。7年間勤めた後に友人と共に大昭電気工業を立ち上げた。「人の繋がりに支えられてここまできた。過去の繋がりが、今も生きている」と出村社長は語る。「人との繋がりはかけがえのない財産だ。筋を通していればみんなが応援してくれる。今の若い人たちには仕事を通して、人脈と信用をつくっていってほしいですね」。

一種の崇高ささえ感じさせる技術者たちの世界。彼らがこの道を志したきっかけは何だったのか。今年で入社15年目を迎える中堅社員の渋谷祐司さんに話を聞いてみた。「昔から手先が器用で小学校の頃、教室のテレビの調子が悪い時は、先生から何かと頼られていた思い出があります。なんだかんだ言って、そうやって頼ってくれるのがうれしかったんですね(笑)。きっとその頃から漠然と自分の手先の器用さを仕事に活かせたらと思っていたんだと思います」。子どもの頃から配線をいじってつないだり、壊れたものを修理するのが好きだったと、渋谷さんは幼少期を振り返る。自分の得意なことを仕事に活かす。それは幸福な仕事の形だ。

私たちの生活は電気と共に進化してきたといえるだろう。スイッチからセンサーへ、電球からLEDへ。便利な世の中になればなるほど、電気の使用用途は増えていく。それに伴い、工事現場で使われる配線数は昔に比べて圧倒的に増加した。さらに新しい技術やシステムが着々と開発され、電気工事の現場は年々複雑化の一途を辿っている。「日々の勉強と現場での学びが自分をプロに押し上げてくれる。どの仕事もそうかもしれませんが、本当に一生勉強です」と渋谷さんは語る。過去から未来へと続いていく技術者たちの努力が今の暮らしを支えているのだ。今日ではユーザビリティが重要視され、スイッチやコンセントの位置ひとつにしても、使い勝手を考え吟味する。人の動く動線を図面に反映させるのも電気工事士の仕事だという。今ではもう仕事外の場面でも無意識にスイッチや照明の位置を確認してしまうほど、仕事が日常に溶け込んでいると渋谷さんは笑った。「いつか自分の満足のいく完璧なものをつくりたい。それが僕の目標です」。技術者たちは、より良い暮らしを作るため、完成度を突き詰めてどこまでも精度を高めていく。彼らの仕事に対するストイックなまでのその姿勢がとても眩しく映った。

大昭_WEB1

募集内容

業種

正社員

仕事内容

電気工事(現場代理人業務、電気工事士業務)

給与

180,000~400,000円

諸手当

役職手当、職能手当、通勤手当

昇給

年1回(4月)

賞与

年2回

勤務地

帯広、東京

勤務時間

8:00~17:00

福利厚生

各種保険あり、マイカー通勤可、新年会、忘年会

教育研修

OJT、各種研修会参加

資格・試験

電気工事士2種(なくても応募可)

休日・休暇

隔週土曜日、日曜、祝日休み

企業情報

企業名 大昭電気工業 株式会社
企業概要 1973年、「昭和の時代に大きく発展する」という願いを込めて創業。スケールの大きな現場から一般家庭まで、幅広い規模の工事を請け負う。新しい技術やシステムが次々と開発されるため、日々の勉強が欠かせない職場である。
本社所在地 帯広市西9条北3丁目3
URL http://www.daisho-denki.jp
担当者 出村

ワークワークとかち