ワークワークとかち | 十勝・帯広へのUターン、移住、就職情報 > 十勝企業を探す > 帯広市 > 北海道中小企業家同友会 とかち支部

十勝企業PICK UP

北海道中小企業家同友会 とかち支部

北海道中小企業家同友会 とかち支部

中小企業と共に学び合い、自らが生きる地域をつくる

中小企業家同友会(以下同友会)の主催する合同企業説明会や入社式、それに新入社員研修や中堅幹部学校、各種勉強会などは、十勝で仕事をする私たちにとって、とても身近なものだ。

昭和32年(1957年)に東京で誕生した日本中小企業家同友会(現東京中小企業家同友会)は現在、全47都道府県に広がり、北海道同友会は昭和44年(1969年)からスタートしている。中小企業は国内企業数の99・7%を占め、道内では約23万5000社がそれに当たる。つまり、私たちの生活のほとんどを形づくっているのは、中小企業だという事実がある。

とかち支部事務局長の岩本聖史さん(写真右)と、事務局員の佐藤珠実さん。

とかち支部事務局長の岩本聖史さん(写真右)と、事務局員の佐藤珠実さん。

とかち支部は、昭和50年(1975年)の設立当初から順調に会員数を増やし、現在は886社。全道2番目の会員数を誇る。

同友会事務局の仕事は、端的に言えば、会員企業の社長や社員と共に、良い会社、良い地域をどうやってつくるかを考え、計画し、実行することだ。活動は主に3つ。経営を良くするための学びの活動、社員教育、共同求人活動だ。企業経営や人材育成に役立つ勉強会を主催したり、人材確保のための企業説明会や情報サイトの構築など、業務は多岐に渡る。「活動の運営をしながら学ぶんです。一緒にやることで企画力が付いたり、知識も増える」。とかち支部事務局長を2011年から務める岩本聖きよ史ふみさんもまた、多くの経営者と向き合ってきた人だ。「20代であれば、自分の親の年代ほど年の離れた人たちと一緒に仕事をする機会がある。それも、自社のみならず、地域経済のことまで考えて積極的に学ぼうとする経営者の方たちばかりですから、その人たちの考え方を聞くだけでも勉強になりますよね。会社が成長していく姿を側で見られるというのは、事務局員にとっての最大のやりがいではないでしょうか」。常に変化する経営環境の中で、一緒に悩み、考えてくれる人、さらに異業種の人たちとの繋がりの場としても、同友会の果たす役割は大きい。会員企業が、より良い会社づくりのためにしたいことを、同友会の活動としてサポートすることは全国的に同じだが、とかち支部では、「十勝」を発信したい会員と連携して、首都圏への販路拡大事業やシンガポールをはじめとした海外販路拡大事業に取り組んでいる。特に農業分野との農商工連携などは、十勝ならではの取り組みといえる。一連の業務を一緒になってつくり上げていくのは事務局員の仕事であり、世界を相手にした仕事に携われるのも、とかち支部ならでは。「共に学ぶ」という精神のもと、1社単独ではなく、農業、加工、流通に携わる企業が一丸となって十勝ブランドを盛り上げているのも特徴のひとつだ。「運営そのものは会員がする。私たちはそのサポート役。地域にある企業発展のためのコーディネーター役です」と、岩本さん。経営者と事務局員は、車の両輪のようなもの。当然、経営者に負けない情熱が必要になる。必要な知識は、それこそ自分たちが主催する各種勉強会の中で、いくらでも学ぶことができるから、それ以上に地域や社会のために働くことが好きというシンプルな動機が必要だ。

同友会_WEB2

特にとかち支部は、その活躍ぶりや会員の熱心さが高く評価されている。それだけ自社や地域のことを考える人が多いということ。「夢や希望を持って経営している人ばかりの中で仕事ができるのが幸せです」。仕事は、環境や誰と働くかによって大きく変わるものだ。どんな人と繋がり、どう未来をつくっていくか。国内のほとんどすべての産業を担う中小企業。その発展は、そのまま日本の発展にもつながる。それを支え、共に育つ中小企業家同友会。会社は生き物だから、日々刻々と変化する。その変化に対応しながら過ごすライブな毎日は、きっと刺激に満ちあふれ、自分を大きく成長させてくれるに違いない。

毎年8月末に開催している農業経営部会主催の収穫感謝祭。農産物の詰め放題や焼肉、十勝農業を知るコーナーなど充実した内容。一般消費者と農業者を結びつける目的も。

毎年8月末に開催している農業経営部会主催の収穫感謝祭。農産物の詰め放題や焼肉、十勝農業を知るコーナーなど充実した内容。一般消費者と農業者を結びつける目的も。

募集内容

業種

正社員

仕事内容

①会員増強の活動(企業・役員への訪問) ②研究会の企画・運営(セミナー開催の打ち合わせや運営関係全般) ③支部・地区会・部会などの組織運営(既存企業への訪問活動) ④中小企業の海外展開支援 ⑤地域特産品の首都圏等への販路開拓支援 ⑥合同企業説明会やUIターン促進事業の企画、運営

給与

基本給170,000円~215,600円、支給総額175,000円~230,600円

諸手当

住宅(総額含む)、残業、役職、家族

昇給

賞与

勤務地

帯広市東2条南5丁目1 道内転勤の可能性あり、地域限定勤務の一般職に関してはご相談させて頂きます

勤務時間

8:40~18:00(休憩80分)

休日・休暇

105日(年間カレンダーによる)

備考

年齢制限35歳以下(長期勤務によるキャリア形成を図るために若年層を募集)、試用期間3ヶ月・日給8,000円

企業情報

企業名 北海道中小企業家同友会 とかち支部
企業概要 国内のほとんどすべての産業を担う中小企業。その発展は、そのまま日本の発展にもつながる。それを支え、共に育つ中小企業家同友会。世界を相手にした仕事に携わり、「十勝」を盛り上げていく。
本社所在地 帯広市東2条南5丁目1
URL http://tokachi-obihiro.doyu.jp
担当者 磯野

ワークワークとかち