ワークワークとかち | 十勝・帯広へのUターン、移住、就職情報 > 十勝企業を探す > 帯広市 > フロンティアパートナーグループ

十勝企業PICK UP

フロンティアパートナーグループ

フロンティアパートナーグループ

家族的な結びつきで気持ちをひとつにし、地域を発展させていく

「どんなに優秀な人間でも、ひとりの能力だけでは限りがあります。だけど、専門家がタッグを組めば、クライアントの多様で高難度な潜在ニーズにも応えることができるんです」。そう話すのは、フロンティアパートナーグループの代表を務める井上理さん。井上代表は、2004年に井上理公認会計士事務所を開業し、2008年4月に現税理士法人へと組織変更した。現在は、公認会計士・税理士4名、公認会計士2名、公認会計士協会準会員1名、税理士科目合格者3名を含む26名のスタッフが在籍している。

彼らの使命は、「顧客のニーズに応え、その繁栄に貢献することにより、地域社会に貢献する」こと。そのためフロンティアパートナーグループでは、税務会計という枠だけにとらわれず、コンサルティング業務、会計監査業務といった幅広いサービスを展開している。これらの業務を行う上で井上代表が重要視しているのが、チームワークだ。税理士という職業には、個々それぞれに仕事を行うイメージが付いて回る。もちろん顧客の前では担当個人の役割が大きいことは言うまでもない。しかし、同じ目的を持った仲間が結集し力を合わせることで、より質の高いサービスが提供できるのだ。

実は、チームワークを高めるためのさまざまな取り組みが面白い。中でも際立ってユニークなのが家族連れで参加できる運動会だ。「思いやり委員会」と命名された厚生委員のメンバーが企画した競技種目を、2チームに分かれて競い合う。合計得点で勝利したチームには景品が当たり、そのためか、井上代表を含めた大の大人たちが大ハリキリ。会場は何度も笑いの渦に包まれる。

家族連れで参加できる運動会。昨年は、「大縄跳び」や「運だめし卓球リレー」など6種目の競技が行われた。競技後は、焼肉懇親会や子ども向けおもちゃクジの出店も行われる。

家族連れで参加できる運動会。昨年は、「大縄跳び」や「運だめし卓球リレー」など6種目の競技が行われた。競技後は、焼肉懇親会や子ども向けおもちゃクジの出店も行われる。

もうひとつユニークなものがある。期の変わり目に毎年開催される経営方針発表会では、井上代表や各リーダーから今期の方針が述べられ、全員で共有するのだが、発表会が終わるやいなや隣の研修室にわざわざ畳を敷き、鍋を囲んでの決起集会コンパが始まる。
こうしたイベントは、職員が自主的にアイデアを出し合い、実現されている。そしてこれらの取り組みの中から、全従業員の“家族的な結びつき”が生まれ、同時に仕事に向かうエネルギーが増幅しているのだ。

また、チーム力を上げるには、個人の成長も不可欠だ。「一人ひとりが経営者になってほしい」と井上代表が話すように、それぞれの自主性が求められる。研修参加や資格取得制度など、自らのやる気ひとつで自己成長できる環境がある。
「この年で他社の社長さんと直接経営の話ができるのはすごいことだと思います」。入社6年目の黒田一輝さんも、ここでの仕事に強いやりがいを感じている。受ける相談ごとは会社のことだけでなく、時にはプライベートの話にまで至るという。「お客様のために、何かできることがないかといつも考えています。もっと良い提案ができるようになりたい」。企業のトップから信頼を得て必要とされていることが、自信と誇りにつながり、さらなる自己成長への起爆剤となっているのだ。フロンティアパートナーグループのもうひとつの使命、「従業員の物心両面の幸せを追求する」ことは、こういったところからも果たされている。
今、職員全員で描く未来像がある。それは、「全顧客を黒字化させる総合企業支援プロフェッショナル集団になる」こと。一人ひとりが高い使命感を持ち、家族的な繋がりでその能力を結集させた彼らなら、実現はそう遠くないかもしれない。

忘年会では、その年の優秀社員賞を発表。『周りのために頑張った人』が、所長以外の職員から投票制で選ばれる。受賞者には、年始に自ら宣言した“家族のためにほしいもの”が与えられる。この時は、家族分の旅行券を授与。表彰式では本人には内緒で家族も招待された。

忘年会では、その年の優秀社員賞を発表。『周りのために頑張った人』が、所長以外の職員から投票制で選ばれる。受賞者には、年始に自ら宣言した“家族のためにほしいもの”が与えられる。この時は、家族分の旅行券を授与。表彰式では本人には内緒で家族も招待された。

企業情報

企業名 フロンティアパートナーグループ
企業概要 税務会計という枠だけにとらわれず、コンサルティング業務、会計監査業務といった幅広いサービスを展開。チームワークを高めるための取り組みを積極的に行い、社員の能力を結集させ、より質の高いサービスを提供している。
本社所在地 帯広市東1条南5丁目2 相互ビル1F
URL http://frontierpartner.jp
担当者 森田 聡

ワークワークとかち