ワークワークとかち | 十勝・帯広へのUターン、移住、就職情報 > 十勝企業を探す > 帯広市 > 菱中産業 株式会社

十勝企業PICK UP

菱中産業 株式会社

菱中産業 株式会社

技術は受け継がれ、その個性に磨きをかける

菱中産業株式会社は、大正2年(1913年)に「中谷商店」という屋号で、靴やカバンなど、革製品の製造販売業として創業。翌年には農業を営む人々から相談を持ちかけられ、馬具も手がけるようになった。馬の力を借りて畑を耕し作物を育てていた時代。中谷商店は農業を営む者たちにとって欠かすことのできない、地域産業を支える存在として成長してきた。現在では、トラックの幌などのテント製品、施設向けのカーテンや防風ネット、農業関連資材など、作業空間がより快適なものになるような商品を数多く扱っている。その技術は農業だけに留まらず、体育館や駐車場で使用されるネットや、厳しさを増す酪農家たちの経営を安定させる一助になればと太陽光発電も手がけるようになるなど、活躍の場は着実に広がっている。菱中産業独自の事業活動は、102年という時間を経てますますその個性に磨きをかけている。

長く愛され続けるのには理由がある。菱中産業では、設計から加工、施工まで一貫体制を整え、顧客の細かな要望に応えてきた。企画提案を行う営業、用途を踏まえたオーダーに合わせて工業用ミシンで製品を仕上げる縫製加工部門のみならず、製品が求められた役割を確実に果たすことができるようにと、設置も自社で行うなどの強みを持つ。一貫体制ならではの作業スピードの速さや、低コスト、アフターサービスの良さも支持されており、従業員たちはそれぞれのポジションで日々、力を発揮している。

揃いの黒い作業着を身に付け働く従業員たちとあいさつを交わすだけで、活き活きとしたエネルギーを感じることができた。

揃いの黒い作業着を身に付け働く従業員たちとあいさつを交わすだけで、活き活きとしたエネルギーを感じることができた。

「周りの人たちに感謝しながら、常に人として心を磨き続けることで、お客様の細かなニーズに気づくことのできる集団を目指しています」と話すのは中谷全まさ宏ひろ社長。2004年に菱中産業のバトンを受け取り、3代目として会社を大きく発展させてきた敏腕社長だ。帯広税務署より「優良申告法人」の表彰も受けており、強固な財務体質であることも菱中産業の特徴である。

中谷社長と一緒に話を聞かせてくれたのは、2015年の5月より菱中産業の一員として働く佐藤浩一さんだ。前職までは営業統括マネジメントや、経営戦略を立てる立場としてキャリアを重ねてきたが、十勝好きが高じて家族で移住を果たしたという。「特に中途採用の人たちはこれまでに培ってきた経験やスキルがあると思いますが、“自分を採用したらこんなメリットがあります”。そう自信を持って伝えてほしいですね」と佐藤さん。これには隣の中谷社長も大きくうなずく。菱中産業の仕事は、専門的な資格の有無などは問わないが、提案や改善を行うために、自ら考える力やそれを伝える力が日常的に求められる。取材中、社長から「手加減をしないで仕事に臨む」というフレーズを幾度も耳にしたが、これは現状に満足せずに自分たちを高めようとする姿勢の表れだろう。意識を高く持つことによって自分の可能性を開花させてほしいという社員へのメッセージのようにも聞こえた。ここに、100年企業となる素養が隠されているのだろう。

私たちには誰もが例外なく、生涯に終わりを告げる日が訪れる。しかし企業は引き継いでいく誰かの手によって、永遠に存在する可能性を秘めている。それならば、精一杯自分を表現することで、ひとつでも多く自分の足跡を残そう。創業102年。菱中産業は、今の時代を担う私たちを奮起させてくれる存在なのだ。これからも菱中産業は、従業員たちの意思と情熱によってその形を変化させながらも、周りのすべての人たちのために歩んでいく。

一歩足を踏み入れると、初めて来た場所にも関わらず懐かしさを感じる。例えて言うなら、古き良き町工場のような雰囲気だ。

一歩足を踏み入れると、初めて来た場所にも関わらず懐かしさを感じる。例えて言うなら、古き良き町工場のような雰囲気だ。

募集内容

業種

正社員

仕事内容

農業・畜産資材の提案営業、施工管理等関連業務

給与

160,000円~(基本給)、190,000円~(支給総額)

勤務地

帯広市ほか

勤務時間

8:30~17:30

福利厚生

各種社会保険完備(健康、雇用、労災、厚生年金)

休日・休暇

週休2日制(変則年間約100日)

企業情報

企業名 菱中産業 株式会社
企業概要 農業者にとって欠かすことのできない、トラックの幌や防風ネットなどの農業関連資材を多く扱っている。近年では、農家たちの経営を安定させるため、太陽光発電も手がけるようになるなど、活躍の場は着実に広がっている。
本社所在地 帯広市西24条北1丁目3-28
URL http://www.hishinaka.com
担当者 佐藤(経営戦略室 室長)

ワークワークとかち