ワークワークとかち | 十勝・帯広へのUターン、移住、就職情報 > 十勝企業を探す > 帯広市 > 株式会社 ハイパーネット

十勝企業PICK UP

株式会社 ハイパーネット

株式会社 ハイパーネット

「サービス業」としての携帯ショップを目指して

一人ひとりとじっくり話し、ライフスタイルに合わせた機種やプランを提案する。客の心を感じ取ることで生まれる、単なる事務手続きに終わらない笑顔のコミュニケーションが、ハイパーネットでは今日もあたりまえのように交わされている。

今や私たちの日常生活に欠かすことのできなくなった携帯電話や電子端末。各社によって料金体系やサービスは違えど、一部の商品によってはどこの携帯ショップに行っても同じものが手に入るような状況の中で、あなたなら何を決め手としてひとつの店を選び出すだろうか?

顧客満足度の向上に大きく貢献したとして、入社わずか2年目の時に優秀社員に選出されたという増田さん。来店者からのアンケートに寄せられた「絵を描きながらわかりやすく教えてくれた」などの声が評価されたそう。

顧客満足度の向上に大きく貢献したとして、入社わずか2年目の時に優秀社員に選出されたという増田さん。来店者からのアンケートに寄せられた「絵を描きながらわかりやすく教えてくれた」などの声が評価されたそう。

「我々は通信業ではなく、サービス業である」。代表取締役である太田順一さんがモットーとする言葉だ。1996年に広小路の小さな店舗でスタートした頃から、“ただ携帯電話を販売するだけの会社”ではなく、客に対して笑顔で最高のおもてなしをする“サービス業”であるという意識を強く持って取り組んできた。経営理念として掲げられているのは「スピード・配慮・笑顔」。店内に入り社員たちの働き振りを見ていると、その信念がしっかりと共有され、実践されているのを随所に感じることができる。

おもてなしの始まりは清掃から。開店の1時間前に出社すると、窓から床に至るまで店舗のすべてを全員できれいに整える。中でもトイレの清掃には太田社長のこだわりがあり、特に力を入れているポイントだそう。駐車場脇にある植え込みは、社員からの提案で整備されたもの。どうすれば客が気軽に気持ちよく来店することができるかを、社員全員が常に考え続けている。

沿道に出て、フードバレーマラソンのランナーに声援を送る社員たち。

沿道に出て、フードバレーマラソンのランナーに声援を送る社員たち。

清々しい空間が出来上がると、開店20分前から朝礼を行う。昨日の振り返りと今日の目標について、一人ひとりが必ず口を開く機会を設けている。他の社員に伝えたり宣言したりすることで、他者からの評価をもらい、改善やモチベーションアップにつなげていくのが目的だ。「朝礼は和やかな雰囲気ですし、普段から社員どうしで食事に行くことも多く、すごく仲が良いですね。年中無休なので全社員が集まることは難しいのですが、3つの店舗間のコミュニケーションもしっかり取れています」と教えてくれたのは、入社3年目の増田さん。「この仕事に興味がある方は、ただ話を聞きに来るだけでもいいですし、お客様のフリをして店内を覗きに来るだけでも構いません(笑)。笑顔が多い店だと思うので、ぜひ一度ご来店いただけるとうれしいです」。自社について“笑顔の多い職場”と即座に表現する増田さんの笑顔には、日々の仕事の充実ぶりと、熱意がにじみ出ているように見える。

十勝管内でトップの販売実績を誇るハイパーネットでは、販売ノルマと呼ばれるものは設定していない。客に商品を買ってもらうことが目的ではなく、メリットもデメリットも隠すことなく伝えながら、本当に客の要望を叶えてくれる商品やプランを提案することが真の目的であり、全社員で共有している信条だからだ。来店客の年齢層は幅広く、携帯電話に関する知識も理解度もバラバラ。そんな中で親身になってじっくり時間をかけて説明してくれる店員さんの存在は、私たちにとってどれだけ頼もしいことだろう。

昨年オープンした帯広競馬場通店は、十勝管内でも最大の売り場面積。

昨年オープンした帯広競馬場通店は、十勝管内でも最大の売り場面積。

客にも社員にも笑顔があふれるようにとの思いから、ハイパーネットが何よりも大切にしているのが、「通信販売業の枠を越えたサービス業」という精神。数多くある携帯ショップの中でも高い支持を受けている背景に、自らをサービス業と言い切る精神が見え隠れする。

企業情報

企業名 株式会社 ハイパーネット
企業概要 十勝管内でトップの販売業績を誇る携帯ショップ。業績好評の理由は、社員全員に共有された「笑顔で最高のおもてなしをする」という意識。清掃や朝礼を通じた社員間のコミュニケーションも雰囲気づくりに一役買っている。
本社所在地 帯広市自由が丘2丁目1
URL http://keitai-h.net
担当者 中山・窪田

ワークワークとかち