ワークワークとかち | 十勝・帯広へのUターン、移住、就職情報 > 十勝企業を探す > 帯広市 > 社会福祉法人 光寿会

十勝企業PICK UP

社会福祉法人 光寿会

社会福祉法人 光寿会

高齢者にもう一度、輝く「ひかり」を

「一人ひとりに光をあてた介護を実践します」。この理念と共に、社会福祉法人光寿会が大樹町からその歩みを始めたのは平成9年(1997年)のこと。社会福祉法人としてまだ歴史は浅いが、地域に根ざした積極的な活動を実践し続けることで、地元の利用者やその家族から信頼を得てきた。現在は大樹町と帯広市の3つの事業所で入所介護を主としながら、訪問介護サービスや介護に関するあらゆる相談を受ける窓口として、高齢者の生活を支援している。帯広市にあるケアステーション・アンダンテは、アットホームという言葉を絵に描いたような介護老人保健施設だ。初めて訪れたにもかかわらず、利用者たちの穏やかな表情や、通路ですれ違う職員たちの雰囲気に触れただけで、安心感に包まれるような感覚を覚えるほどに、温かな空気が流れていた。

光寿会でもっとも特徴的なのが「学習療法」だ。道内で初めて導入されたこの療法は従来のリハビリテーションとは違い、音読と計算を中心とし、教材を用いて脳の働きを活性化させるというもの。薬による治療ではないため副作用の心配などはもちろんなく、認知症対策における非薬物療法の代表的な取り組みとして注目を集めている。「脳の健康教室」として施設外でも学習療法を提供しており、参加者たちからは「気持ちが明るくなった」、「会計時におつりの計算がスッとできるようになった」など、その成果による喜びの声も多く聞こえてきているそうだ。また、大きなマス目状の網の上を歩行する訓練「ふまねっと運動」や、科学的根拠に基づいて水分摂取と歩行訓練を行う介護など、「最後までその人らしい生き方が送れるように支援する」という信条の下、新たな取り組みへの挑戦意欲は尽きることがない。

光寿会サブ1

医師をはじめ、介護福祉士、看護師、ケアマネージャー、理学・作業療法士、言語聴覚士、支援相談員、管理栄養士、事務員などがひとつの施設内でそれぞれが役割を果たしていく中で、時には意見がぶつかり合うこともある。しかしそれは、利用者の役に立ちたいという一心から起こる健全な意見交換。森光弘理事長はそんな現場の声にいつでも耳を傾けている。職員たちからしてみれば風通しの良さを日頃から感じられる働きやすい職場ということだろう。その結果、各部門が互いに手を取り合って一つの目標に向かう連携力と、明るく活発な社風形成につながっているのである。

新人職員に対しては、先輩職員がマンツーマンで徹底的に仕事の基礎を教える。2人の間では毎日業務日誌の交換が行われ、業務連絡に留まらないやり取りが交わされる。コミュニケーションの本質は、意思の疎通と相互理解。互いを尊重し合うという基本姿勢ができていなければ、介護福祉士として本当の意味で利用者の日常をサポートすることなどできない。「いろんな利用者様と関わる中で、最初は何を話せばいいのか、個人的な情報をどこまで聞いていいのかがわかりませんでした。でも真正面から向き合う意識を持つことで、少しずつでも必ず心を開いてくれると実感しています」。入社3年目となる浜谷さんは、コミュニケーションによる信頼関係の構築の難しさと重要性についてこう話してくれた。

今年初開催となった「とかちスイーツコンテスト」にて、アンダンテの管理栄養士チームが自主的にエントリーし、見事優秀賞を受賞

今年初開催となった「とかちスイーツコンテスト」にて、アンダンテの管理栄養士チームが自主的にエントリーし、見事優秀賞を受賞

光寿会が目指している理想は、世界一の介護。新しい試みへの意欲的な挑戦も、職員たちからの声を実現することで仕事への主体的な関わり方を養っていくという教育方針も、すべては世の中にひとつでも多くの幸せにつながる介護サービスを提供するため。穏やかさの中に秘められたこの高い志が、十勝の介護業界を牽引していくのは、決して遠い未来の話ではなさそうだ。

企業情報

企業名 社会福祉法人 光寿会
企業概要 働脳の働きを活性化させるという「学習療法」を道内で初めて取り入れるなど、新しい試みに意欲的に挑戦している。風通しの良い働きやすい環境が職員の意欲を生み出し、質の高いサービスとして利用者へ還元されている。
本社所在地 帯広市西17条南3丁目24-24
URL http://koujyukai.info
担当者 内山

ワークワークとかち