ワークワークとかち | 十勝・帯広へのUターン、移住、就職情報 > 十勝企業を探す > 帯広市 > 丸十木材 株式会社

十勝企業PICK UP

丸十木材 株式会社

丸十木材 株式会社

たゆまぬ成長を支えるのは時代の先を行く発想と団結力

木材会社と聞けば、昔ながらの「地味でキツい仕事」というイメージを思い浮かべる人も多いことだろう。しかし丸十木材株式会社に、そんな印象は感じられない。十勝管内で唯一の2×4(ツーバイフォー)のパネル工場を持つなど、時代の先を行くユニークな経営で注目を集めているのだ。
丸十木材の創業は1952年。現在代表取締役社長を務めるのは、先代から事業を引き継いだ中田隆之さんだ。中田さんは20才で丸十木材に入社し、営業職を経験。持ち前のバイタリティーで、常に新しい風を吹き込んできた。そんな中田さんが、さらなる会社の成長を目指すため、「木材を直輸入する」というアイデアを思いついたのは、今から約20年前のこと。その当時、中小企業が海外の企業と直接やり取りをするのは前代未聞のことだった。「間に業者が入れば、それだけ多くの仕入れコストがかかる。それなら自分たちの力で輸入すればいい、と考えたんです」。
その頃はインターネットが普及しておらず、海外の企業とのコネもない。中田さんは慣れない英語に苦戦しながら、ファックスなどで粘り強く交渉を重ねた。そして1999年、遂に北米の企業と取り引きが成立。それこそが丸十木材のターニングポイントになった。「現地のスタッフと信頼関係を築くことができたので、今は直接商品のチェックをすることもなく、メールのやり取りで済んでいます。早めに行動することが肝心ですね」。その前向きな努力とチャレンジ精神は、社風にも色濃く反映されている。

ツーバイフォーパネルの工場では、製作から配送までを行っている。一貫した体制を取ることで、納期が短縮されるというメリットも。

ツーバイフォーパネルの工場では、製作から配送までを行っている。一貫した体制を取ることで、納期が短縮されるというメリットも。

現在、会社のメインとなる事業のひとつが、2×4建築のパネルの製作である。2×4は北米発祥の建築工法で、柱や梁で建物を支える在来工法と異なり、壁や床といった広い面で支える方法だ。地震に強く断熱性も高いことから、道東の気候に合った建築工法といえる。しかも2×4パネルを用いると工事の期間が短くなるだけでなく、機密性が高まって湿気の防止になるというから一石二鳥だ。2×4の工法を取り入れた新築住宅の割合は全国的に見ると10%ほどだが、帯広市では約60%に上るという。「マイホームは人生で最も高価な買い物。だからこそ、お客様には最高の状態で手に入れてもらいたい。そして長く、快適な状態をキープするためには、建てる段階から気を配ることが大切です」。
2010年にはNPO法人「北海道住宅の会」と力を合わせ、帯広市内に国産材を100%使用した2×4のモデルハウスを建設。すべてを国産の木材で造り上げたモデルハウスは、日本初の試みとして全国から注目を浴びた。
大胆な発想と行動力で、新しい挑戦を続ける中田さん。そんな中田さんが仕事をする上で最も大切にしているのは、「目標」なのだという。自身の目標についても「北海道で1番になることです」と、迷いがない。「従業員にはいつも『常に目標を持ちなさい』と話しています。車がほしいとか、結婚したいとか、仕事以外のことでもいいんです。何かを達成したいという思いが、日々を充実させることに繋がっていきます」。ひとつの目標のために全力を注ぎ、達成したら次の目標へ向かう。仕事のモチベーションを保つためには、「自分の中のブレない軸」が不可欠だと中田さんは考えている。
それに加えて「人」も大切な要素のひとつ。「人」には従業員はもちろん、そこから派生するすべての人間関係が含まれている。感謝の思いを形にするために、毎年新年会や焼肉の集いといったイベントを開催。従業員の家族にも参加を呼びかけ、大人数で親睦を深めるという。「普段の生活で意識することはありませんが、自分が働けるのは家族や周囲の支えがあるおかげですからね」と、中田さんは微笑む。
成長を続ける会社には、さまざまな強みがある。時代を先読みする力、真似できない技術、斬新なアイデア…。丸十木材はそうした要素に加え、「人」という代え難い財産を持っている。

丸十木材では、社員とその家族が参加できるイベントを定期的に開催し、交流を図っている。写真は3年前、創業60周年を記念した新年会の様子。

丸十木材では、社員とその家族が参加できるイベントを定期的に開催し、交流を図っている。写真は3年前、創業60周年を記念した新年会の様子。

募集内容

業種

正社員

仕事内容

十勝管内の工務店及び建設会社への製材の販売、ツーバイフォー工法パネルの販売

給与

基本給120,000円~180,000円

諸手当

職務手当15,000円~90,000円、家族手当配偶者15,000円・子1人15,000円、通勤手当

昇給

賞与

年3回 計3.0月分

勤務地

帯広市川西町

勤務時間

8:00~17:00

資格・試験

普通自動車免許

休日・休暇

週休2日制、6カ月経過後の年次有給休暇日数10日、お盆、年末年始

募集内容

業種

正社員

仕事内容

2×4パネル設計、CADによる図面の作成及び住宅設計業務など

給与

基本給120,000円~180,000円

諸手当

職務手当15,000円~90,000円、家族手当配偶者15,000円・子1人15,000円、通勤手当

昇給

賞与

年3回 計3.0月分

勤務地

帯広市川西町

勤務時間

8:00~17:00

資格・試験

普通自動車免許

休日・休暇

週休2日制、シフト制(月に6~7日程度休み)、6カ月経過後の年次有給休暇日数10日、お盆、年末年始

募集内容

業種

正社員

仕事内容

2×4(ツーバイフォー)パネル製作業務

給与

基本給120,000円~180,000円

諸手当

職務手当15,000円~90,000円、家族手当配偶者15,000円・子1人15,000円、通勤手当

昇給

賞与

年3回 計3.0月分

勤務地

帯広市西19条北1丁目 ツーバイフォーパネル事業部

勤務時間

8:00~17:00

資格・試験

普通自動車免許

休日・休暇

週休2日制、6カ月経過後の年次有給休暇日数10日、お盆、年末年始
備考

企業情報

企業名 丸十木材 株式会社
企業概要 十勝管内で唯一の2×4(ツーバイフォー)のパネル工場を持ち、大胆な発想と行動力で、新しい挑戦を続けている。2010年にはすべて国産の木材で造り上げたモデルハウスを建設し、日本初の試みとして全国から注目を浴びた。
本社所在地 帯広市川西町西3線73-2
URL http://www.marujyu-lumber.com
担当者 中田

ワークワークとかち