ワークワークとかち | 十勝・帯広へのUターン、移住、就職情報 > 十勝企業を探す > 帯広市 > 宮本機械 株式会社

十勝企業PICK UP

宮本機械 株式会社

宮本機械 株式会社

長く培ってきた信頼。応えるのは、宮本機械の責任感

JR帯広駅から約1km北へ進むと、赤いレンガ造りの建物が目に入る。帯広市の歴史的建造物に指定されているその建物は、1918年(大正7年)に建てられた宮本機械(株)の親会社、宮本商産(株)の持ち物だ。

宮本商産(株)は1903年(明治36年)に創業し、創業113年を超える老舗企業。宮本商産(株)より1994年に分離独立した宮本機械(株)は、帯広と釧路を拠点に展開している。機械器具の取扱いに特化し、鉄工、製缶業、農産加工施設などで使われる機械、器具の販売から設置、メンテナンスまで、機械に関する全般の業務を担っている。

倉庫にはさまざまな大きさのネジやボルト、伝導用部品を在庫している。

倉庫にはさまざまな大きさのネジやボルト、伝導用部品を在庫している。

「自分たちの売る商品が、製造する過程で使われるのだから、少しの狂いも許されないし、1秒だって止められません」と、真剣な眼差しで話すのは管理課の冨久尾悟さん。常に安定した状態で機械を動かす為に、信頼出来る商品を取り扱う。機械に何か起きれば昼夜問わずすぐに対応し、食品加工場で使われる機械に関しては、口に入れても害のない潤滑油などの製品を使用することを勧めている。

何よりも経験がものを言う世界。勉強に終わりはなく、わずかな音の変化に気づくことができて、初めて一人前と呼べるそうだ。長く険しい道ではあるが、代表取締役社長の加藤稔さんは「機械が好きという気持ちさえあれば大丈夫」とシンプルに答える。仕事は易しいか難しいかではなく、好きか否かが重要。働いていて直面する辛い瞬間は、「好き」という気持ちがあれば必ず乗り越えられるからだ。

宮本機械(株)に集う機械のプロフェッショナルたち。好きな機械と向き合うときには、クライアントの期待や信頼に応えるための責任感が伴う。その2つが合わさるからこそ、仕事への誇りとやりがいが感じられるのだ。

親会社である宮本商産が建てたレンガ造りの建物。

親会社である宮本商産が建てたレンガ造りの建物。

募集内容

業種

正社員

仕事内容

荷受、配送、発送、在庫管理、商品管理、電話対応、経理事務 他

給与

基本給145,000円~190,000円

諸手当

資格手当5,000円~、家族手当10,000円~、住宅手当10,000円~、通勤手当4,100円~、時間外手当、寒冷地手当、役職手当、職務手当

昇給

年1回

賞与

年3回

勤務地

帯広市、釧路市

勤務時間

8:30~17:30(休憩1時間)

福利厚生

雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険、退職金共済

教育研修

必要に応じて研修参加、社内旅行 他

資格・試験

普通自動車免許(AT限定不可)、学歴高卒以上、パソコン基礎知識

休日・休暇

週休2日制(日曜、祝日他)、土曜午前交代勤務、6ヶ月経過後年次有給10日

企業情報

企業名 宮本機械 株式会社
企業概要 鉄工、製缶業、農産加工施設などで使われる機械、器具の販売、設置、メンテナンスなど、機械に関する全般の業務を担っている。
本社所在地 帯広市西2条南5丁目3
URL http://www.miyamotokikai.co.jp/
担当者 千石

ワークワークとかち