ワークワークとかち | 十勝・帯広へのUターン、移住、就職情報 > 十勝企業を探す > 帯広市 > 帯広市役所

十勝企業PICK UP

帯広市役所

帯広市役所

ひとりの市民として、帯広のまちをつくっていく

「帯広はいい所ですよね。都市機能がしっかりしているのに、中心部から少し離れただけで畑や自然もたくさんある」。帯広市の魅力についてそんな風に話してくれたのは、帯広市役所(以下、市役所)に勤めて10年目になる西端大輔さん。ひとりの市民として、自らが暮らすまちづくりに携わること。それが、西端さんたち市役所職員の仕事だ。

西端さんは和歌山県出身。最初に勤めた会社の赴任地が札幌だったことをきっかけに、初めて北海道にやって来た。その後、大学の時に始めた乗馬を続けたくて、札幌から、中札内のとある乗馬クラブに通うことに。そうするうちに、十勝の雰囲気や風景が好きになっていったという。海や山の多い地域で生まれ育ったからか、広々とした平野ならではの景色は、ひと際新鮮に映ったそうだ。「馬が身近にいる生活にずっと憧れていたんです」。朝から馬に乗り、それから仕事に行く。そんな暮らしができる方法はないものかと考えた結果、帯広市役所に就職する道を選んだ。

勤めてみて気づいたのは、「市役所の仕事は、思っていたほど甘くない」ということ。仕事の多さに、乗馬になかなか通えない日々もあったという。けれど、馬に会うために頑張ろうという気持ちをバネに日々仕事と向き合う中で、仕事そのものにも、やりがいを見出していく西端さんがいた。

最初の配属先は保護課だった。市民と直にふれ合いながら、一対一で向き合う仕事。うれしい意見も、耳が痛い意見も、ダイレクトに感じられる部署だった。一方、3年ほどして異動した企画課はまちづくりの総合計画を管理する部署で、市民との接点は少ない。「仕事の内容がまったく違って、最初は苦労しました。でも、市役所全体を俯瞰する立場から、同年代の人が経験できないようなこともさせてもらえています。先輩から厳しく叱られたこともありますが、いま思うとすごくありがたかったなって」。

このように市役所の仕事は多岐に渡り、職員の多くは数年単位で部署を異動することになる。それだけで、転職するのと同じくらいに仕事内容がガラリと変わることもあるのだ。しかしそのどれもが、市民の暮らしを支える上で欠かすことのできない、重要な仕事。だから、常に当事者意識を持って、学び続ける姿勢が求められる。「まちづくりに、正解はありません。市民の皆さんと共に、帯広をどんなまちにしていきたいのか考えていく必要があります」。そう話すのは、総務部職員課長、吉田誠さん。これという正解がない仕事。それだけに難しい部分も多く、けれど、自分たちが住むまちをより良くしたいと思う人であれば、こんなにやりがいのある仕事もないだろうと思う。そのための人材採用は、あくまで「人物重視」と吉田さん。中途採用や管外からのチャレンジも積極的に受け入れているという。

市役所が関わるイベントでは職員が売り子になることもある。楽しいイベントを陰で支える役割だ。

市役所が関わるイベントでは職員が売り子になることもある。楽しいイベントを陰で支える役割だ。

ここで忘れていけないのは、「ひとりの市民として」の立ち位置。市役所では、より良い仕事をしていくために、一市民として社会活動にも積極的に参加したり、家庭での日々の暮らしも大切にすることで、市民の生活に寄り添ったまちづくりができると考えている。そのための職員へのサポートとして、たとえば育児休業、産前産後休暇制度なども充実させているとのことだ。「仕事も大事、だけど家庭はもっと大事」。市役所の職員募集パンフレットに書かれていた、このキャッチフレーズ。あたりまえのことを、気兼ねなくあたりまえに掲げることができるよう、内部の雰囲気づくりがなされているのだ。多くの女性職員は家庭と仕事を両立しながら勤めているそう。また、男性が子育てのためにこういった制度を利用することもできる。 ひとりの市民としてどんなことにも素直に興味を持ち、まずは十勝、帯広の「良い所」に気づくこと。それを守り、育てていくにはどうするかを考えていくことが、市役所職員としての最初の一歩になる。

募集内容

業種

正社員

給与

<初任給>大学卒総合職172,200円・消防職173,900円、短大卒総合職152,800円・消防職154,400円、高校卒総合職140,100円・消防職141,200円
※中途採用は、採用前の職歴に応じて加算があります

諸手当

期末・勤勉手当(6月、12月)、寒冷地手当、扶養手当、住居手当、通勤手当などをそれぞれの要件に応じて支給

昇給

賞与

勤務地

帯広市(本庁、市内各地の施設職場)、東京事務所

勤務時間

8:45~17:30
※消防職はシフト制(4週8休)

福利厚生

健康診断、結婚・出産・傷病時の給付金支給、各種貸付、余暇活動の支援事業

教育研修

基本研修、特別研修、派遣研修

休日・休暇

完全週休2日(部署により異なります)、有給休暇20日、夏季休暇3日

備考

詳細は下記ホームページよりご覧下さい
WEBサイトへ

企業情報

企業名 帯広市役所
企業概要 市役所の仕事は多岐に渡るが、どの仕事も市民の暮らしを支える上で欠かすことのできない重要な仕事。大切なのは、ひとりの市民として、帯広の良い所を守り育てていくためにどうするかを考えていくことだ。
本社所在地 帯広市西5条南7丁目1
URL http://www.city.obihiro.hokkaido.jp
担当者

ワークワークとかち