ワークワークとかち | 十勝・帯広へのUターン、移住、就職情報 > 十勝企業を探す > 幕別町 > オムニス林産協同組合

十勝企業PICK UP

オムニス林産協同組合

オムニス林産協同組合

付加価値をつけて十勝産木材に活路を

十勝地方といえば広大な土地を活用した畑作に目が行きがちだが、林業も重要な産業の一つである。十勝管内は約70万haの森林面積を有し、北海道の約13%を占めている。なかでも多く生育しているのが「からまつ」だ。十勝の人々にとっては馴染みのある木の名前であろう。しかし、日本の木材自給率は30%ほどで、残り70%は外国からの輸入材に頼っているのが現状だ。

オムニス林産協同組合は、場内に併設する瀬上製材所をはじめとした十勝管内4社による生産組合である。製材工場を一つの場所に集約し、コストを低減し安定した供給を実現している。オートメーションで動かせるスウェーデン製のシステムを採用し、機械の操作は女性でも可能だ。30代の工場長を中心に20代や30代の社員が多く、林業系では珍しいかもしれない。機械課で修理を任されている宮本兼輔さんも8年目の26歳。地元の農業高校の林業科を卒業して入社した。機械修理の適性を見出され機械課に抜擢されたといい、「もっと見せる工場にしたい。きれいな工場づくりが目標」と話す。最近では、宮本さんのような20代の先輩の活躍を知って組合を志す農業高校生も多いという。

オムニス林産協同組合が目指すのは、付加価値の高い北海道産十勝産木材の供給だ。家の柱や梁として使う構造材などの商品もある。十勝産のからまつでつくった積み木「からっく」の生産をはじめ新製品への挑戦にも意欲的だ。すべては、地元の山を守り続けるために。付加価値をプラスして木材の地産地消を訴えるオムニス林産協同組合は、新しい考え方や発想を生み出せる人材に期待をしている。

s_オムニス林産協同組合_2

募集内容

業種

正職員

仕事内容

からまつ製材(パレット、梱包材、建築材等)製造販売

給与

基本給137,000円

諸手当

各種手当有

昇給

年1回

賞与

年2回

勤務地

幕別町千住42番地6

勤務時間

8:00~17:00

福利厚生

雇用、労災、健康、厚生、中退共

資格・試験

なし

休日・休暇

日曜、祝日(年間88日)、お盆、年末年始

企業情報

企業名 オムニス林産協同組合
企業概要 十勝管内4企業が集まって設立した林産組合。伐採現場から素材を一括納入することで合理化し、低価格の輸入材に対抗することを目指す。十勝を中心に道東地域から集めたからまつをパレットや梱包材などに加工して出荷している。
本社所在地 中川郡幕別町字千住42-6
URL
担当者 湯浅 秀博

ワークワークとかち