ワークワークとかち | 十勝・帯広へのUターン、移住、就職情報 > 十勝企業を探す > 帯広市 > 株式会社 山水工業

十勝企業PICK UP

株式会社 山水工業

株式会社 山水工業

株式会社山水工業の社長、草野誠さんは、2016年その役職に就任したばかり。34歳で入社して以来18年間、現場作業員として活躍。今年、前社長の梶山秀太郎会長から社長業を引き継いだ。温和なオーラを纏いつつもピリッと空気を締める梶山会長と、爽やかな笑顔が印象的な草野社長。血縁関係ではないからこそ一歩譲って互いの仕事ぶりを尊重する、心地よい距離感が感じられる2人だ。

キッチンやトイレ、風呂場などの水まわりに設置する配管、給湯機の工事をメインに請け負う山水工業。帯広市上下水道工事指定店に登録されていて、他の登録業者とともに市内の水の供給管理も担う。どんな建物にも水は付きもの。1990年の創業以来、十勝の中心産業である農業をはじめ、さまざまな施設の建設と関わっている。

ひとつ、その実績の具体例を挙げたい。2016年8月に十勝地方が異例の打撃を受けた、台風10号の襲来。河川の増水や水道管の崩壊が原因で複数の地域が断水に見舞われる中、帯広市内では断水することなく、いち早く日常を取り戻していた。そこで夜も眠らずに水のライフラインを守ってくれていたのが山水工業の社員たち。市内全域に水を供給している浄水場のモーターが水に浸からないように、ひと晩中水を汲み出してくれていたのだ。

水の困りごとは山水工業。凍結などのトラブルにいつでも対応できるよう、同業者と当番制で24時間、水のライフラインを見守る。

水の困りごとは山水工業。凍結などのトラブルにいつでも対応できるよう、同業者と当番制で24時間、水のライフラインを見守る。

山水工業は見えない所で私たちの生活を支える、縁の下の力持ち。鍛錬して技術を磨いているのだろうと想像すると、意外なことに、力を入れてきたのは人材育成だという。特に、社員を積極的に外部研修へ参加させている。現場作業は同業間でしか交流がなく、どうしても視野が狭くなりがち。凝り固まった考え方では何か起きたときに対応できなくなってしまう。そのことを、身を持って体験してきた梶山会長だから、社員たちのためにと力を注ぐ。「研修中は苦しいかもしれないけれど、後で必ず自分に返ってくるから」。「水に感謝し、安心と安全を創造する」。山水工業の経営理念からは優しさと責任感が伝わってくる。24時間365日、人々の生活を守り続ける。その仕事に終わりはない。山水工業は、その使命に応えられる社員の人間力を、最優先に育むのだ。

企業情報

企業名 株式会社 山水工業
企業概要 私たちが生きていく上で欠かすことのできない「水」という資源を、山水工業が見守ってくれている。見えにくいけれど、とても身近な存在である企業と言えます。
本社所在地 帯広市西14条南34丁目4-6
URL http://www.sansui-kougyo.com
担当者

ワークワークとかち