ワークワークとかち | 十勝・帯広へのUターン、移住、就職情報 > 十勝企業を探す > 幕別町 > 有限会社 田口畜産

十勝企業PICK UP

有限会社 田口畜産

有限会社 田口畜産

生命を扱うことの責任を果たしながら、おいしい牛乳を届けるために

幕別町で酪農業を営む田口畜産。昼の搾乳作業時に訪れると、真っ先に大きなロータリーパーラーが目に飛び込んできた。牛たちは嫌がる様子もなく、次々に機械の台座に乗り込んでいく。まるで「これが自分の仕事だ」とわかっているかのようにも見える、スムーズな動きだ。作業は数名のスタッフで役割分担され、テキパキと手際よく進められる。「こんにちは!」と気持ちのよい挨拶をしてくれた若手スタッフも、次の瞬間には真剣そのものの顔つきで作業に集中していた。

まず行うのは先搾り。一頭ずつ手作業で少量の乳を搾り、異変がないかをチェックする。それからミルカーを装着して搾乳開始という流れだ。「少しでも品質に問題のある乳が混じってしまったら、出荷できなくなってしまいますから」と、取締役の伊藤琴絵さん。約500頭の牛の乳を事前にチェックするのは大変な手間。しかしこのひと手間が乳全体の品質を左右する重要な工程になるのだという。

搾乳はロータリーミルキングパーラーで効率的に。ほとんどの場合は機械が1周する間に1頭の搾乳は完了し、搾乳機が自然に外れる仕組み。搾乳作業は1日3回。

搾乳はロータリーミルキングパーラーで効率的に。ほとんどの場合は機械が1周する間に1頭の搾乳は完了し、搾乳機が自然に外れる仕組み。搾乳作業は1日3回。

機械化が進んでいる業界というイメージが強いが、酪農は生命を扱う仕事だ。やはり最終的には人の力が必要となる。それは搾乳以外の作業においても言えること。日常的に牛に接する中で、ちょっとした仕しぐさ種などから健康状態の変化に気づける敏感な目を養うことが、スタッフには求められる。そうでなければ、それぞれの牛の状態に応じた的確なケアができない。結果として、乳量や乳質を落としてしまいかねないのだ。「搾乳経験がなくても、作業そのものは次第にできるようになります。大事なのは、牛の生命に責任を持つこと」。技術的なことよりも、まずは生き物に対する心の持ちようこそを大切にしたいという思いが、その言葉から伝わってくる。

牛にストレスをかけないように、スタッフが気持ちよく作業できるように。そして、上質な生乳を消費者に届けるために。これらの観点から、1990年に田口廣之さんが代表となって以来、さまざまな取り組みが行われてきた。大きな契機となったのは、2006年の法人化。何よりもまず、共に働く社員の社会保障制度を充実させたという。それからフリーバーン牛舎(牛が自由に歩き回ることができる、放し飼い形式の牛舎)を建設し、最新のパーラーシステムを導入した。

また、2014年4月には乳業卸企業、株式会社MMJと契約。本州の乳業メーカーに生乳を全量出荷できるようになった。これは道内の酪農家としては初めての試みだ。同じく十勝の酪農家である川井牧場が仲間に加わり、2軒の牧場で搾られた生乳だけを使った牛乳が商品化されている。「複数の酪農家で搾られた生乳がまとめられて一括で出荷、商品化される従来型の流通システムとは違って、自分たちが生産した生乳が消費者に届いているという実感をいっそう強く得られます。それはスタッフにとっても大きなやりがいですし、仕事に対する責任感にもつながっていくんです」。固定概念にとらわれない、未来を見据えた酪農経営。ここは、そんな希望あるビジョンを分かち合える場でもある。

本州に出荷した生乳は「十勝牛乳」の名前で商品化。本州で流通しているが、「地元の人にも飲んでほしい」という思いから、5月〜11月にかけて幕別のファーマーズマーケットでも販売。「甘くておいしい」と、人気を集めているようだ。

本州に出荷した生乳は「十勝牛乳」の名前で商品化。本州で流通しているが、「地元の人にも飲んでほしい」という思いから、5月〜11月にかけて幕別のファーマーズマーケットでも販売。「甘くておいしい」と、人気を集めているようだ。

募集内容

業種

正社員

仕事内容

搾乳・牧場内作業

給与

月給170,000円~

諸手当

通勤手当・家族手当・住宅手当・調整手当 他

昇給

年1回 4月

賞与

年2回 8月、2月

勤務地

幕別町字日新7-4

勤務時間

シフト交代制
早番 3:30~15:30
遅番 11:30~12:30

福利厚生

社会保険・厚生年金・雇用保険・労災

資格・試験

普通自動車免許

休日・休暇

月6日

備考

生き物を扱う仕事なので時間通り作業が終わることは少ないです。多少早くなったり遅くなったりします。

企業情報

企業名 有限会社 田口畜産
企業概要 牛のコンディションに応じた的確な対応によって、良質な牛乳を提供。それゆえスタッフには、牛の健康状態の変化に気づける観察眼が求められる。本州の乳業メーカーに生乳を全量出荷するなど、新たな試みにも積極的。
本社所在地 幕別町字日新7-4
URL
担当者 伊藤

ワークワークとかち