ワークワークとかち | 十勝・帯広へのUターン、移住、就職情報 > 十勝企業を探す > 池田町 > 株式会社 ゆたか

十勝企業PICK UP

株式会社 ゆたか

株式会社 ゆたか

「人」をつくるという理念を掲げて

人こそ財産であるという考えが端々から感じられる会社。それが、外食事業をメインに展開している池田町の株式会社ゆたかだ。経営理念の一節として人材教育への思いが明文化されており、社員全員に配られる経営計画書には好ましい職務態度や備えるべき価値観について記載されている。

「お客様にとっては、正社員もパートも同じ『社員』。全員に、ひとりの社員として責任を持って仕事をしてもらいたいと考えています」。

話してくれたのは、鈴木賢司代表取締役。
東京などでシェフとしての経験を積み、故郷に戻ったのはおよそ20年前。当時を振り返って、「売り上げや技術のことばっかり考えてましたね」と苦笑い。しかし、勉強を兼ねて道内のさまざまな飲食店を巡り、そこで働くスタッフの姿を見るうちに、ふと湧き上がってきた疑問があった。なぜ、みんな楽しそうに働いているのだろう? こんなにもチームワークがいい理由は? そうして鈴木さんが導き出した答えこそが、「人」。社員一人ひとりの成長が、会社の成長には絶対に欠かせないという考え方だった。


鈴木賢司代表取締役。「常に刺激的な会社でありたいです」とニッコリ(写真左)「お客様に”来て良かった”とプラスの気持ちで帰ってもらう事を常に考えています」とホールスタッフのリーダー。(写真右)

食料自給率1000%を超える十勝の豊かな食を活かした事業に携わることで、地域の農業者を支える存在でありたい。

鈴木社長は自社の在り方をそう位置づけ、経営計画書や早朝の勉強会を通して自らの思いを社員に伝える場を設けるなど、自ら考え行動する人材を育てるための環境整備に力を注いできた。勉強会の参加率がそのまま賞与に反映されるなど、個人の熱意が評価されるシステムだから、自分の成長度合いもわかりやすい。

今後は海外展開も視野に入れており、北海道の食材を使った日本料理店をアメリカに出店すべく動き始めたところ。頑張り次第で、海外でも働ける環境が整いつつある。田舎の小さな飲食店から、世界に通じる食を発信する。心躍る挑戦の日々が、ここにある。


池田町は「肉もワインもある町」。ご馳走家ゆたかの料理は、中心客層である三世代家族を明確にイメージし、メニューの内容から調理方法まで考え抜かれている。日本でも最先端の機材を導入しており、全国から視察が訪れるというから驚かされる。

企業情報

企業名 株式会社 ゆたか
企業概要 人こそが財産であるという考えが端々から感じられる会社。社員一人ひとりの成長が、会社の成長に欠かせないという考え方のもと、勉強会などを通じて自ら考え行動する人材を育てるための環境整備に力を注いでいる。
本社所在地 池田町大通字1丁目74
URL http://www.yutaka-web.com/
担当者

ワークワークとかち