ワークワークとかち | 十勝・帯広へのUターン、移住、就職情報 > 十勝のきほん > 十勝あるある > 十勝に住むなら知っておきたい! とかちあるある vol.2

十勝の「きほん」

十勝に住むなら知っておきたい! とかちあるある vol.2

十勝に住むなら知っておきたい! とかちあるある vol.2

十勝には独特の風習があります。十勝に初めて来た人がビックリする、でも十勝人ならみんな知っている(?)ローカルネタを少しだけご紹介したいと思います。

「リスに注意」の標識

北海道には動物警戒標識がたくさんあります。「動物注意」にしてもシカ、キツネ、クマなどさまざまな絵柄が描かれています。なかには「牛の横断注意」というのも。帯広ではエゾリスの交通事故が多いといいます。

中学生はジャージ通学

十勝の中学生は、学校指定のジャージで通学します。制服通学が禁止されているわけではありませんが、ジャージが楽すぎて、学校行事のあるときくらいしか制服を着用しない子どもが多いです。下校後そのまま遊びに行ったりすることも。制服を買うのがちょっともったいないと思う場合は、お下がりを探しましょう。ふだん着てないので結構きれいです。

十勝石が拾える

十勝石とは黒曜石のこと。大雪山の激しい火山活動によって、火成岩の溶岩が急激に冷やされ、結晶せずに凝固した非結晶の天然ガラスです。最近は少なくなりましたが、山や川に行くと見つかります。河原に落ちている十勝石は川に流されて外側は傷がついて白っぽく、単なる石ころに見えますが、かすかに真っ黒のガラス質が外から見えるので、十勝石だとわかります。

フレンチドッグは砂糖をまぶす

そもそもフレンチドッグって何?という方もいるかもしれません。魚肉ソーセージの入ったアメリカンドッグのようなものです。縁日などで販売されており、アメリカンドッグのようにケチャップ、マスタードの他にも、「砂糖」が必ずといっていいほどあります。砂糖をまぶす習慣は、北海道広しと言えども十勝、釧路などの道東地区だけのようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ワークワークとかち