ワークワークとかち | 十勝・帯広へのUターン、移住、就職情報 > 十勝のきほん > 十勝で子育て > 【とかちで子育て】十勝ならではの自然体験を~帯広の森・はぐくーむ~

十勝の「きほん」

【とかちで子育て】十勝ならではの自然体験を~帯広の森・はぐくーむ~

【とかちで子育て】十勝ならではの自然体験を~帯広の森・はぐくーむ~

「帯広の森・はぐくーむ」では、親子で一緒に自然体験をすることができます。さまざまな取り組みを行っているはぐくーむの活動の一部を紹介します。

 

帯広の森・はぐくーむの活動

帯広の森は、市街地を囲む森を市民の手でつくろうと、昭和50年から100年計画で森づくりが行われている場所。幅およそ550メートル、延長およそ11キロメートルの規模で、面積は406.5ヘクタールもあります。この帯広の森の育成管理や活用の拠点となっているのが、帯広の森・はぐくーむ。帯広の森に関するさまざまな情報を発信するほか、森づくり体験、自然観察、木工、ウォーキング、ペレットづくりなどのイベントを行っています。豊かな自然に囲まれた十勝だからこそできる体験の数々。子ども連れの方に特におすすめなのは「グリーン・ウッドワーク」や「森の寺子屋」とのこと。

 

帯広の森・はぐくーむの自然体験 ~グリーン・ウッドワーク~

「グリーン・ウッドワーク」は森の手入れで伐り出した生木を、道具を使って割ったり削ったりして、さまざまな小物を作成するプログラム。シラカバやクルミ、サクラなどさまざまな木を使い、親子一緒に作業をしています。また、サンプルは一応用意していますが、作るものはそれぞれの発想で自由に、というのがはぐくーむスタイル。小さい家を作る人もいれば、5月なら鯉のぼり、12月ならクリスマスツリーなどその月のイベントに沿って作る人もいます。

 

帯広の森・はぐくーむの自然体験 ~森の寺子屋~

「森の寺子屋」は1年を通して森を楽しむ連続プログラム。このプログラムは子どもたちだけで木を切ったり工作したりするものです。冬にはかまくらづくりやそりすべりも。野外料理体験もあり、切った枝をたきぎにしてやきいもを焼いたり、自分たちでこねたパン生地を木の棒に巻き付けて焼いたりもします。申し込みが毎回すぐに埋まってしまうという人気企画。いろいろな体験が一度にできる年一回のイベント「はぐくーむ秋祭り」も親子でにぎわいます。

【帯広の森・はぐくーむ】
帯広市南町南9線49
TEL.0155-66-6200
http://haguku-mu.net/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ワークワークとかち