ワークワークとかち | 十勝・帯広へのUターン、移住、就職情報 > 十勝のきほん > 地場レストラン > ファームレストラン 野島さんち【地元産素材のレストラン②】

十勝の「きほん」

ファームレストラン 野島さんち【地元産素材のレストラン②】

ファームレストラン 野島さんち【地元産素材のレストラン②】

中札内村にある、ファームレストラン野島さんち。野菜も料理も誰かが手をかけ時間をかけて作ってくれたもの。それを実感して日々の食事をもっと豊かにしてほしい。そんな思いから始まったファームレストランです。

 

専業農家からファームレストランへ

戦後まだ間もない頃に、中札内村に入植した野島家は代々続いた畑作農家。3代目となる利美さんが「消費者の顔を直接見られる仕事をしたい」という一心から、60才を迎える前にレストランという新事業に乗り出しました。時代の流れの中で、専業農家から自ら加工や販売なども手がける6次産業への転換が必要と考えてのことでした。還暦を迎えた一家の主からの突然の宣言でしたが家族はさほど動揺することもなく、皆、すんなりと受け止めたとそうです。というのも、当時の野島家は、すでにレストランを運営するだけの力をきちんと備えていたからなのです。

開放的な店内からは、中札内の畑作風景が見渡せます。冬は一面銀世界に。

開放的な店内からは、中札内の畑作風景が見渡せます。冬は一面銀世界に。

 

妻手作りの加工品は農家のお母さんの味

例えば、妻ののり子さんが昔ながらの農家の知恵を活かして手がける野菜の加工品づくりはすでに道の駅で販売されていました。五目ちらしの具や手作り味噌、それにハスカップジャムなど、どれものり子さんオリジナルの「農家のお母さん」の味です。さらに、加工品を販売することによって、接客や販売の仕方、客がどういうものを求めているかなどのノウハウを学ぶこともできました。そんな経験を積みながら、次のステップとして考えたのが、農産物を直接提供できる場所としてのレストラン経営だったのです。

レストランの入り口に設けられている加工品。野菜収穫時には採れたて野菜も並ぶ。

レストランの入り口に設けられている加工品。野菜収穫時には採れたて野菜も並ぶ。

 

てらうことのなく母の味を…。店長の早希さんの思い

そして、翌年の春、大きな窓から十勝の畑が見られる、木のぬくもりたっぷりの「野島さんち」が完成しました。店長を務めているのは次女の早希さん。「最初はレストランで提供する料理と、難しく考えていましたけど、結局は『野島さんち』なんだから、てらうことなくお母さんの味をそのまま出そうよって」と提案したのが早希さんでした。オムレツと一緒に食べるキーマカレーや旬の味覚たっぷりの野菜ランチ、丁寧に仕上げたスイーツなど、訪れる人を裏切らない、農家レストランらしいメニューが並びます。地元の人のほか、今では観光客も多く訪れる人気のレストランになりました。レンタカーでわざわざここまで来てくれる人がいると、やっぱり嬉しいと言います。

彩りも豊かだで見た目にも満足する料理ばかり。農家だからこその豊かさが一皿にあふれます。

彩りも豊かだで見た目にも満足する料理ばかり。農家だからこその豊かさが一皿にあふれます。

自家製野菜のほか、中札内産の食材を使った野菜たっぷりのメニューが中心。

自家製野菜のほか、中札内産の食材を使った野菜たっぷりのメニューが中心。

 

農業の多用な形を発信していく野島さんち

レストランでは採れたての野菜や加工品、近隣の農家が作ったものなどを販売するコーナーも設けています。誰もが自分のできることを必要に応じてこなし、店が忙しいときなどは、父の利美さんもホール係として活躍してくれるそう。家族ならではのチームワークであり、フットワークの軽さです。

(左)店長の次女早希さん。(右)野島家の大黒柱、野島利美さん。

 

消費者と直接顔を合わせることの喜び

早希さんの両親がスタートさせた野菜作り、加工品作りに、ファームレストランの段階で早希さんが加わることによって、野島さんちには、気の置けない友人家族宅に行く時のような、温かくて居心地のいい雰囲気が生まれています。
野島さん一家にしてみれば、消費者と直接顔を合わせ声が聞こえることで自分たちの仕事の励みにもなり、消費者側からは、安心感や作ってくれた人に対する敬意や感謝の気持ちが生まれるとすれば、それはどちらにとっても喜ばしいこと。それもこれも、家族がいてこそ成り立っているものなのです。利美さんが蒔いた種はそっと目を出し、早希さんによって、さらに大きく、たくましく育っていくに違いありません。

十勝らしい畑作風景の中に建つ、野島さんち。ドライブがてら訪ねたい場所のひとつです。

十勝らしい畑作風景の中に建つ、野島さんち。ドライブがてら訪ねたい場所のひとつです。

 

【ファームレストラン 野島さんち】
中札内村新生東1線199-4
TEL.0155-67-2880
営業時間 ランチ11:00~17:00(ランチタイム11:00~14:00)
定休日 木曜、その他不定休あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ワークワークとかち