ワークワークとかち | 十勝・帯広へのUターン、移住、就職情報 > 移住者の声 > 飯嶋 諒子さん

移住者の声

広大な畑が広がる大地、エゾリスが走り回っている自然に魅了されました。

北海道に来ようと思った理由は?

もともと動物が好きで、大学で牛のことを勉強したいと思い、進学先を探していました。オープンキャンパスで、初めて訪れた帯広。広大な畑が広がる大地、エゾリスが走り回っている自然豊かなキャンパスに、一瞬で魅了されました。けれど、実を言うと、帯広の大学は第2志望(笑)北海道に来たのは、本当に偶然です。たまたま第一志望に落ちたから。でも今となっては、本当に幸運だったな、と感じます。

十勝に来てよかったことは?

ここに来たからこそ出会えた、ワクワクするような事をしている人がたくさんいます。それは、昔から代々住んでいる人であったりもすれば、わたしのように他から移住してきた人であったりと様々。共通しているのは、この場所が好きでここにいるということ。日々の暮らしにワクワクをつくり出す人たちと、様々なイベントや日々の生活の中で出会えることは、ここに来てよかったと感じさせてくれます。

夏の週末は、キャンプをして自然を満喫しています。手ぶらでも楽しめるキャンプ場があるのも嬉しいです。

十勝の冬ってどうですか?

気温を話すときに、こちらの人は-(マイナス)を省略して話しますよね。住みはじめの頃は慣れなくて、よく聞き返していたけれど、今では自分でも使ってみたりして、ちょっと道民っぽくなったかな?なんて楽しんでいます。澄んだ冬の風景と、冬でも健在の十勝晴れは、夏とはまた違う、すがすがしい気持ちよさがあります。十勝の冬、大好きです。

十勝での生活をどのように満喫していますか?

食べ物から、十勝の生活を楽しんでいます。少し車を走らせると、広大な畑が広がって、四季折々でいろいろな風景をみせてくれます。普段食べるものを、畑から感じることができる。普段の生活の中で、これ以上ない贅沢だと思います。

これから十勝に来たいと思っている人たちに対してアドバイスをお願いします。

知っている人がいなくても、温かく迎え入れてくれる人たちがたくさんいます。寒い冬も、以外と暑い夏も、住んでみたらなんてことありません。まだ車を持っていなければ、一刻も早く手に入れることをおすすめします。車と、好奇心を持ってくれば、十勝を楽しむ準備はばっちりです。

家畜動物の牛は、温かく大きい身体でびっくりするかもしれませんが、とても優しい目をしています。たくさんの動物たちに出会えるのも、十勝の魅力です。

ワークワークとかち