ワークワークとかち | 十勝・帯広へのUターン、移住、就職情報 > 十勝企業を探す > 帯広市 > 株式会社 満寿屋商店

十勝企業PICK UP

株式会社 満寿屋商店

株式会社 満寿屋商店

十勝が好きな人と一緒に、「十勝」を全国に広めていきたい!

満寿屋商店は、創業70年の十勝の老舗ベーカリー。ますやパンとして愛され続けている。同社が長年取り組んできたのが、地産地消に対する試みだ。創業当時からできるだけ十勝産の素材を使うように心がけ、2012年には全店で十勝産小麦100%使用を達成した。

 東京出店をしたのは、2016年。「十勝には確かにブランド力があると手ごたえを感じています」と4代目社長の杉山雅則さん。東京の店舗に来て十勝に関心を持ってくれた人たちに、実際に十勝に来てもらいたい。そしておいしい農産物や豊かな自然を身近に感じてもらいたい、という思いの下、店舗を運営しているという。

「2030年、十勝がパン王国になる」というビジョンを掲げる満寿屋商店。「ベーカリーはたくさんのお客様に小さな幸せをプレゼントできる仕事。ビジョンを見てワクワクしてくれる人、そして十勝が好きだという人と一緒に働きたい」と杉山社長は願っている。

3年に1回開催される「ますやカップ」。一般客を巻き込んだ新商品のコンテスト。ここから生まれた商品も多数!

 

満寿屋商店座談会を開催

【左】島田夢菜(ゆめな)さん
2017年入社。麦音販売リーダー。
【中央】木村ゆかりさん
2009年入社。麦音販売スタッフ。
【右】郷(ごう)菜々子さん
2019年入社。麦音調理スタッフ。

満寿屋商店を選んだ理由は?


専門学校にいたときからパン屋で働きたいって思っていて、やっぱり十勝といえば、ますやかなと。学校に企業説明に来てくれて、1週間インターンシップもさせてもらいました。

島田
食に関わる仕事がしたいとは思っていましたが、パン屋に絞っていたわけではありませんでした。企業説明会で杉山社長の話を聞いて、十勝についての熱い思いや、ますやの取り組みについて知り地元で働くならここで働きたいと思いました。

お店の雰囲気はどうですか?

木村
私はオープン時から麦音で働いていますが、若い人もどんどん増えていますし、元気でとっても雰囲気が良いです!分からないことも聞きやすいですし、みんなで協力し合える環境があると思います。

島田
忙しいところのフォローに入るなど、お互いサポートしながら仕事ができていますね。


私は入社1年目ですけど、先輩方が気にかけてくれているのを感じます。これができたから、次はこれという感じで、仕事を教えてもらっています。

島田
新入社員には担当の先輩が付きます。入社3~4年目の社員が担当することが多いですね。毎月の成長目標が達成できたかを見てもらったり、相談に乗ってもらったりしています。


そうか。私も教える側になるんですね(私)。後輩が入ってきたら、先輩が教えてくれたことをしっかりと伝えたいですし、今度は先輩のサポートもできるようになりたいです。

木村
ますやには、年に2回の上司との面談があります。目標や配属や店舗の希望について聞いてもらえる機会があるのはとても良いことだと思います。

麦音は夏場になると観光客も増えて繁盛する店舗。コミュニケーションをとりながら、協力して店を回していく。

働きやすさについて

木村
私は、子どもができたときに産休・育休を取得しました。社長からは社員として戻ってきてね、と言ってもらえたのが、うれしかったですね。今も育休中の人が2名いますし、自分のように育児をしながら働ける人が増えたらいいなと思います。

島田
有休も必ず年間5日は取得するように決まっていて、まとめて取得しても良いんです。


私は、良いのかなと思いながらも、5日間休みをもらってディズニーランドに行って来ました。社員のみんなからも「楽しんできてね」と快く送り出してもらえました。

島田
休みは必要だよね(笑)。体力勝負なので休むことも大事だと思います。

木村
子どものことで休まざるを得ないこともありますが、融通を利かせてくれるので、とってもありがたいです。

企業情報

企業名 株式会社 満寿屋商店
企業概要 満寿屋商店は1950年創業の十勝に根ざしたパン屋。十勝の魅力を全国へ発信している。十勝について学べるカリキュラム「十勝学」や、新商品コンテスト「ますやカップ」など、人材育成の仕組みも充実。
本社所在地 帯広市西17条南3丁目50-17
電話番号 0155-58-4690
URL https://www.masuyapan.com

ワークワークとかち