ワークワークとかち | 十勝・帯広へのUターン、移住、就職情報 > 十勝のきほん > 十勝あるある > 十勝に住むなら知っておきたい! とかちあるある vol.1

十勝の「きほん」

十勝に住むなら知っておきたい! とかちあるある vol.1

十勝に住むなら知っておきたい! とかちあるある vol.1

十勝には独特の風習があります。十勝に初めて来た人がビックリする、でも十勝人ならみんな知っている(?)ローカルネタを少しだけご紹介したいと思います。

銭湯=温泉

十勝には世界でも珍しい植物性の有機物を含んだ温泉「モール泉」が湧出しています。また、銭湯のお湯はほぼすべてが天然の温泉という贅沢な場所です。とろりとした肌触りのお湯は、お肌をしっとりツルツルにしてくれます。山、海、平野を持つ十勝は硫黄泉、ヨード泉など、さまざまな泉質も楽しめます。

豚丼は家で作って食べるもの

十勝には豚丼専門店がたくさんあります。しかし、自宅で簡単にできるように各店からタレが販売されていますので、地元の人は自宅で食べるほうが多いのです。トッピングも様々で、それぞれ家庭の味があったりします。

自動車の普及率が日本一

十勝は1人あたりの自動車保有台数が最も多く、また長く乗り続ける人も多い車社会となっています。一家に一台、ではなく、一人に一台の考え方。街は碁盤の目状になっており、道路幅も広く直線道路も多い土地です。ちなみに道路の総延長が北海道で一番長いのは帯広警察署管内だそうです。スピードの出しすぎにはくれぐれもご注意ください。

学校の校庭はスケートリンクになる

十勝の冬の体育はスケートがあります。教員やPTAの人たちが夜の間に校庭に水を撒いて天然のスケートリンクを作ってくれるのです。ちなみに小学校はスピードスケートが主流。中学校になると、フィギュアスケートやアイスホッケーになる学校もあります。オリンピック選手も多数輩出している地域です 。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ワークワークとかち